ブログ
post

2021.08.17 ダイサン公式ニュースSDGs健康経営宣言

「サステナブログVOL.12 ~ ペットボトル削減マイボトル運動 ~ 編」

いつも、ダイサンニュースをご覧いただき、

心より感謝を申し上げます。人材サービス部の川東です。

 

こちらの“サステナブログ”では、持続可能な社会を

目指していく為に一つのテーマについて綴らせていただき

皆さんと共有させていただきたいと思っております。

 

第12回は、

「サステナブログVOL.12 ~ ペットボトル削減マイボトル運動 ~ 編」

今回は、自社の取り組みについてお送りさせていただきます。

 

 

今回は海洋汚染の原因にもなっているペットボトルについて考えてみました。

 

手軽に飲めてもち運びにも便利なので、

皆さんもよく購入されているのではないでしょうか!?

 

 

 

ペットボトルはポリエステルからつくられ、

そのうち半分は回収不能だそうな・・。

 

 

素材としては、ワイシャツやブラウスなどの繊維や

食品包装フィルムと同じです。

 

 

プラスチックはごみとして長期間放置されると、

分解することなく、さまざまな悪影響をあたえてしまいます。

 

 

特に細かく砕けたマイクロプラスチックは、

回収するのが困難なので、海洋生物の食物連鎖を壊してしまっています。

 

 

 

このままいくと、2050年には海にいる魚の数よりも

プラスチックの数の方が多くなるとも言われています。

 

こちらも重ねてご覧ください。

「サステナブログVOL.1 ~太平洋ごみベルト編~」

 

 

既に魚の胃の中からプラスチック片が発見されています。

 

ペットボトルはリサイクルされる時も作られる時もCO2が排出されます。

 

実は、プラスチックごみやペットボトルごみを分別して捨てているので

問題ない!・・と思っていたものが、海へ流れ着き、

マイクロプラスチックとなり、地球を脅かす問題につながっています。

 

 

 

 

こちらも重ねてご覧ください。

食用魚に紛れ込むマイクロプラスチック問題

ヒトの胎盤からマイクロプラスチック検出

 

自然保護や海洋保全のために、日々の生活の中で、

どうしたらプラスチック製品やペットボトルを減らせるのか、

個人も企業も問題に対する対策を考えていく必要があります。

 

 

この度、御取引をさせて頂いている、タイガー魔法瓶様にご協力を頂き、

マイボトルを持つことでペットボトルの使用を削減させる取組として、

タイガーステンレスミニボトルをマイボトルとして、

社員、スタッフ(105名)へ購入・配布させて頂きました。

 

今回購入させていただいたのはこちら☟

(写真をクリックすると商品情報がご覧になれます)

 

とてもおしゃれなデザインです!!

工場ワークや事務ワークで活躍中です!!

 

職場やプライベートで、105名が1日1人あたり、

500㎖のペットボトルの使用を控え、

年間300本のペットボトル削減ができたとしたら、、、

 

なんと!? 31,500本削減できることになります!!

 

CO2(二酸化炭素)排出量に換算すると、7528.5kg。

わかりやすくガソリンのCO2排出量に置き換えると、

 

ガソリン1ℓあたり2.32kgの排出なので、20km走る車の場合、

なんと日本を5周半走行したCO2排出量と同じになります。

 

現在、大阪営業所と豊里工場にはウォーターサーバーを設置し、

本格的にペットボトル削減のためのマイボトル運動をはじめています。

 

甘いジュースやコーヒーより水のほうが健康的ですね!!

 

 

 

またいつか、この取組内容で使用している方の声を

お届けできればと思っております。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回更新時にお読みいただくことを

心よりお待ちしております。

Copyright © 2018 ダイサン株式会社 All Rights Reserved.