ブログ
post

2024.05.28 サステナブログダイサン公式ニュース

サステナブログVOL.49~大阪城と東外堀御濠を清掃しました~
SDGs世界を変えるための目標SDGs世界を変えるための目標

いつも、ダイサンニュースをご覧いただき、心より感謝を申し上げます。
さて、今回は清掃活動の報告をさせていただきます。

 

清掃したのは、ずばり、「大阪城」!

 

代表の竹田が大阪府トライアスロン協会の理事を務めさせていただいており、

大阪城トライアスロン大会の主催団体として、地域社会貢献事業の一環で、

例年、東外堀の御濠の清掃活動を行っております。

 

これまでは協会理事の皆様を中心に実施しておりましたが、

本年は一般ボランティアの方が9名も参加してくれました!!

 

トライアスロン大会では、選手がお濠を泳ぎます。

世界中で、お濠を泳ぐことができるのはこの大阪城トライアスロン大会だけ。

そのためにもお濠をキレイにすることが不可欠です。

 

まずは、お濠の周りの地面のゴミ拾い。

大阪城にはゴミ箱は1つも設置されていません。

ゴミは持ち帰ってもらうようにするためです。

 

一見、キレイに見える公園も、よくよく足元を見て歩くと、飴の袋やたばこの吸い殻、

チョコレートを包装している銀紙など、細かいゴミがたくさん落ちています。

 

四角くキレイに剪定された垣根の中に、空き缶が突っ込まれていたり、、、、

 

 

歩きながら、ゴミ拾いをしていると、あ、ここで立ち止まって何本もタバコを吸っていたんだなーとか、

ここで大人数で同じ飴を食べていたんだな、など、公園でどんな過ごし方をしていたかがわかるほどでした。

 

みなさま、改めて、ゴミは持ち帰りましょう!

小さなものでも、積もり積もってゴミがたまってしまいます。

誰かが掃除をしていてくれるからこそ、大阪城はキレイに気持ちよく使用できるのです。

 

周りのゴミ拾いが終わったら、特別に許可をもらって、お濠の中へ。

※竹田もボートを準備をしております。

 

ボートでお濠の中を進んでいき、網でゴミをすくいます。

空き缶やビニール袋、ボロボロになった傘なんかも浮いていました。そんなの投げ捨てないで!

 

一般ボランティアの女性お二人が、率先して清掃活動を行ってくれました。

 

ゴミを捨てないこと
ゴミを見つけたら拾うこと

小さなことですが、見て見ぬふりをしてできていないこともあるのではないでしょうか。

 

改めて、地球、そして大阪をキレイに。
私たちから行動していきましょう!

 

以上、こちらのブログを最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回、更新時にお読みいただくことを心よりお待ちしております。

Copyright © 2018 ダイサン株式会社 All Rights Reserved.