ブログ
post

2013.02.28 スタッフブログ柏原工場

【柏原工場元気ブログ】

お元気様です♪中島です。

季節は次第に移り替わり、暖かい日もでてきましたね。

三寒四温で春はもうすぐでしょうか?

さて、今年は出雲大社・伊勢神宮という、日本を代表する神社の遷宮が重なり、

高い関心を集めております。装いを新たにした社殿に、

ご神体を移す最重要祭儀が行われる年となります。

関連した書籍の出版が相次ぎ、特集を組んだ雑誌は売れ行きを伸ばしているそうです。

遷宮にちなんだ動きが盛んになっております。

およそ60年ごとに遷宮が行われてきた出雲大社と、式年遷宮で20年に一度の伊勢神宮。

記録によると、遷宮が重なるのは、文化6(1809)年、昭和28(1953)年に

次いで3度目になるそうです。大屋根の檜皮(ひわだ)をふき替え、

木部は既存の材を生かして修繕された出雲大社。

伊勢神宮は社殿が新造されるため、方法は異なりますが、従来の社殿に使われていた材は、

神宮内や全国各地の神社で活用されるそうです。

ともに自然から授かった貴重な木を大切に使い、永遠の発展を祈って進められます。

私も今年はどちらかにお参りにいきたいと思っております!

カテゴリ:スタッフブログ|事業所:柏原工場
Copyright © 2018 ダイサン株式会社 All Rights Reserved.