ブログ
post

2017.05.26 スタッフブログ豊里工場守口工場

『越冬する匂い』 ~ 守口・豊里工場ブログ ~

なんで?なんで、お前らがいるんだよ…」
僕は、絶句した。

今年のゴールデンウィークに田舎へ帰省した僕らを待っていてくれたのは、
年老いた両親と大量のはっとうじ達であった。

はっとうじ???
なじみのある言い方だと、カメムシか。
あの臭い蟲のことだ。

通常、カメムシは秋に発生するが、寒い冬は越えられず春にはいなくなる。

だが、奴らは当たり前のようにそこにいた。
しかも、大量に。

帰省中の三日間で、20匹以上のカメムシを捕獲し駆除した。(僕の母が)

ちなみに、カメムシの正しい駆除の仕方は…

①粘着力のつおいガムテープを10㎝くらいにカット。

②カメムシの背後にそっと近づいて、ガムテープにくっつける。

③カメムシのくっついたガムテープを二つに折って密封。

④そのままゴミ箱に、ポイッだ!

しかしまあ、なんで奴らはあんなにも臭いんだろう。

しかも、けっこう簡単に匂いを発するし、もうちょっと我慢を覚えろよ。

匂いはするが、姿が見えないのが一番困る。(探す手が震える)

緑色ならまだいい、見た目きれいだし。

でもここにいる奴らは、みんな黒っぽい焦げ茶みたいな色をしている。

なんだ、そのちょっとグロいお腹は。

なんで、ちょっと赤みがかってるんだ。

こいつらが、まさか冬を越してしまうとは、
これが地球温暖化の影響なのか。

暑い真夏はどうだろう?

もし、真夏も生き延びたとしたら…
僕たちは、死ぬまでカメムシの影に怯えながら暮らさなければならなくなる。

まったく、ろくなもんじゃねえな…地球温暖化。

僕は、地球の胸ぐらを掴んでこう云った。

「氷河期は、まだか!!」

カテゴリ:スタッフブログ|事業所:豊里工場守口工場
Copyright © 2018 ダイサン株式会社 All Rights Reserved.